フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 総武カントリークラブ総武コース | トップページ | マウリッツハイス美術展 »

2012年9月 8日 (土)

傀儡

Photo坂東眞砂子著「傀儡くぐつ」を読む。book鎌倉時代、自らの顔の肉を削ぎ、北条氏への呪いの言葉を残して、山中に消えていった武者がいた。九年後、関本宿近くの墓場を通り過ぎた傀儡女は、暗い穴のような瞳を持つ瀕死の女と出会う。傀儡女と一夜を過ごす、鶴岡公暁と名乗る武者。瀕死の女を救った、藍色の目の僧。鎌倉に、そして日本にかけられた「死の呪い」を解く、歴史長篇小説。

傀儡とは、操り人形のこと。人は、何かによって縛られ操られているのか。不安や執着により裏の自分に表の自分が操られている。天皇-将軍、将軍-執権の構図と相まって、そんなことを教えてくれる。

« 総武カントリークラブ総武コース | トップページ | マウリッツハイス美術展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/46995239

この記事へのトラックバック一覧です: 傀儡:

« 総武カントリークラブ総武コース | トップページ | マウリッツハイス美術展 »