フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 戦国鬼譚 惨 | トップページ | 読書メーターの機能 »

2012年10月28日 (日)

炎環

Photo_2 永井路子著「炎環」を読む。

book京の権力を前に圧迫され続けてきた東国に、ひとつの灯がともった。源頼朝の挙兵に始まるそれは、またたくうちに、関東の野をおおった。鎌倉幕府の成立、武士の台頭――その裏には彼らの死に物狂いの情熱と野望が激しく燃えさかっていた。鎌倉武士の生きざまを見事に浮き彫りにした傑作歴史小説。直木賞受賞作。

源頼朝の伊豆挙兵を頭にして、鎌倉幕府の成立を軸に、連作の形を採っている。「悪禅師」では阿野全成(頼朝の弟)、「黒雪賦」では梶原景時、「いもうと」では北条保子(北条政子の妹、全成の妻)、「覇樹」では北条義時をそれぞれ主人公としている。

短編とは言いがたく、ひしめき合い傷つけ合う人物たちがやがて歴史を作っていく流れを、鎌倉武士の中に見出した作品といえる。

« 戦国鬼譚 惨 | トップページ | 読書メーターの機能 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/47619502

この記事へのトラックバック一覧です: 炎環:

« 戦国鬼譚 惨 | トップページ | 読書メーターの機能 »