フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 幻海 | トップページ | 花や散るらん »

2012年10月20日 (土)

三国志 第八巻(宮城谷)

8 10ヶ月ぶりに第八巻がでました。早速読破。やはり今回も1日で読んでしまった。また1年待ちだ。

book戦え、と天はわれに命じている。天意を感じた関羽はわずかに笑み、そして孫権の兵に突入し斃(たお)れた。復讐を誓い荊州に出兵した劉備だったが、自らも死の病に伏す。30余年の霸道を駆けぬけた魏王曹操もついに崩じ、王位は嗣王の曹丕に。戦国の英雄たちの死によって後漢王朝期は終焉を迎え、今ほんとうの三国時代が始まる――
第八巻は、関羽の闘いと死、劉備・曹操の死を描く。葬送の巻だ。

« 幻海 | トップページ | 花や散るらん »

三国志」カテゴリの記事

宮城谷昌光」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/47522189

この記事へのトラックバック一覧です: 三国志 第八巻(宮城谷):

« 幻海 | トップページ | 花や散るらん »