フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 新・雨月 上・中・下 | トップページ | 卵をめぐる祖父の戦争 »

2013年1月26日 (土)

己惚れの記

Photo

中路啓太著「己惚れの記」を読む。

book

その男はどうしようもなく己惚れていた。武士が滅びようとする天保の改革期、主君水野忠邦の理想を実現するためには、愚か者と揶揄されても己の信じる道を貫くしかないからだ。特異な生い立ちのやくざ者や血に飢えた剣客たち、欲に憑かれた大奥女中らの思惑も交錯し、忠と義の物語は一気に加速していく。

そもそも忠義とは何か?その一つの答えが「己惚れ」です。

主君なら自分の行動を察してくれる、理解してくれる。
自分なら主君の気持ちを理解した上で最善の行動がとれる。君主の間違った考えや行動も正してみせる。
なんとも凄い想いです。
自分さえも犠牲にしてまで行動する。それこそが武士の生き様であると。

« 新・雨月 上・中・下 | トップページ | 卵をめぐる祖父の戦争 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/48963958

この記事へのトラックバック一覧です: 己惚れの記:

« 新・雨月 上・中・下 | トップページ | 卵をめぐる祖父の戦争 »