フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 忠臣蔵異聞~家老大野九郎兵衛の長い討ち入り | トップページ | 史記 武帝紀一 »

2013年4月20日 (土)

風の王国 7

7

今月発刊平谷美樹著「風の王国 第7巻」完読。

book

契丹皇帝耶津堯骨から謀叛の疑いを受けた突欲は、医巫閭山で隠棲させられることになった。その隙をつき、高元譲は天福城を占領し、渤海の復興を宣言する。そんな中、激しい揺れとともに白頭山が噴火した。滅亡と復興が繰り返させる激動の時代の中で、これはさらなる変化への予兆なのか?そして、李嗣源によって、唐へ亡命した突欲に魔の手が忍び寄るのだが・・・・・・。

国造りの物語への序章といった感じか。いよいよ後半へ入りました。明秀が新たな闘いを始める中、突欲は・・・・

« 忠臣蔵異聞~家老大野九郎兵衛の長い討ち入り | トップページ | 史記 武帝紀一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/51307359

この記事へのトラックバック一覧です: 風の王国 7:

« 忠臣蔵異聞~家老大野九郎兵衛の長い討ち入り | トップページ | 史記 武帝紀一 »