フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 弩 | トップページ | マゼール/ミュンヘンフィル 演奏会 »

2013年4月13日 (土)

風の軍師

Photo_2

葉室麟著「風の軍師」を読み終える。

book

秀吉の懐刀・黒田官兵衛、キリスト教の教義を官兵衛に教えた日本人修道士・ジョアン、キリシタンの象徴的存在・細川ガラシャと、その侍女いと、キリシタンの天下人と望まれた岐阜中納言織田秀信らは、次々と追放や殉教という運命に翻弄されていった。伴天連追放令下、キリシタンが次第に生きにくくなる時代を描く。

「風渡る」の続編でした。

黒田如水の死後について、さらに幻想的な二つの短編が付け加えられ、時の流れのはかなさをしみじみと感じさせてくれる。 「風渡る」の時も書いたが、キリシタン、と云う視点から歴史を描くという試みは意欲的で独創的ではある。しかし、官兵衛くささが消えて人間としての面白みが今ひとつかなと思う。

« 弩 | トップページ | マゼール/ミュンヘンフィル 演奏会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/51207174

この記事へのトラックバック一覧です: 風の軍師:

« 弩 | トップページ | マゼール/ミュンヘンフィル 演奏会 »