フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

函館売ります 上・下

1_2

2

 富樫倫太郎著「函館売ります 上・下」読みました。

book

土方歳三らの旧幕府軍は、新政府軍から箱館を奪還した。その混乱に乗じて、広大な土地を手に入れようと目論むプロシア人兄弟は、蝦夷政府の幹部たちに近づく。

財政難にあえぐ旧幕府軍は、租借料を目当てに契約の締結を進めるのだが、プロシア人兄弟の背後には、領土を広げようと企むロシアの策謀が見え隠れしていた―。
プロシア人のガルトネル兄弟を操り、領土拡大の企みを推し進めるロシア。その策謀に気づいた土方歳三たちは、箱館を、そして日本を守るために立ち上がる。
だが、旧幕府軍、新政府軍の垣根を越えて集まったのは、軍事に関しては素人同然の五〇人だった。北の大地を揺るがす大事件に、指揮官の土方歳三はどう立ち向かう―。

2013年5月19日 (日)

パルテノン

Photo

柳広司著「パルテノン」を読む。

book

古代ギリシア黄金期をダイナミックに俯瞰! ペルシア戦争で勝利をおさめ、民主制とパルテノン神殿の完成によって、 アテナイが栄華を極めた紀元前五世紀。都市国家(ポリス)の未来に希望を託し、 究極の美を追究した市民の情熱と欲望を活写する表題作「パルテノン」ほか、 「巫女」「テミストクレス案」の三編を収録。『ジョーカー・ゲーム』で ブレイク前夜に刊行、著者の「原点」として位置づけるべき意欲作、待望の文庫化!

彼の筆は、臨場感があって良かったです。人間模様も確実にこちらに伝わってきます。お見事!!
印象に残った言葉があります。
冒頭にニコラスという老人の話。
「そりゃ 世界の人々が今、ギリシャをどう見てるかは知っているさ。みんなギリシャには何もない。ギリシャはもう終わってしまった国だと思っている。しかし な・・・」「・・・ギリシャには、全てあったし、それは今もある。ギリシャ人は2500年前にあまりにも先に進みすぎた。すべてを経験してししまったから、いまは寝転がって他の世界が追いつくのを待っているんだ。」「たとえば、あのパルテノン神殿がそうだ・・・世界中のどの国だって。あれより美しい建物なんて存在しない。・・・・・デモクラシー? アメリカがもっともらしく掲げているデモクラシーも、自由も、オリンピックも・・ギリシャで(2500年前)完成したもんを猿まねしているだけさ」
うーん。おもしろい。ギリシャ人からしてみたら、人類は2500年間なにも進歩していないのだ。だから、今は追いつくの待っている。明快。

2013.5の庭

P1010773

庭のバラは盛りを過ぎてしまいましたが、金宝樹が今年も満開となりました。
P1010768
玄関側の「アンジェラ」は満開です。アイスバーグを切ったので少し寂しいですが。
P1010771
「レオナルド・ダ・ヴィンチ」は復活再生中です。少しだけ咲いてくれてます。
P1010775

2013年5月12日 (日)

第7回高校同期会コンペ

Reikuwood

今日は、高校の同期会ゴルフで「レイクウッド大多喜カントリークラブ」に来ています。第2回目にここで開催した時に優勝させてもらった相性の良いコースだ。ドライバーも最初は調子よく滑り出し順調、パットも絶好調。前半は41、後半44の終わってみれば、85のベスグロでした。その他、ドラコンを1つ頂きました。順位は3位でしたが、かなり満足度の高い一日でした。天気も最高で暑いくらい。少し日焼けしたかもしれません。
さて4月末に、木更津からの圏央道と千葉東金道路が結ばれたおかげで、幕張から1時間強とかなり近くなりました。早めにでかけたので、ゴルフ場に行く前に、「大多喜城」に登って来ました。
Photo
本多忠勝が、もとあった小田喜城を改修し、初代の城主として築城したようです。少し高台にあり、大多喜町から天守を見ることができます。朝8時ということで、誰もいませんでした。こういう寄り道も楽しいものです。

2013年5月11日 (土)

大神社展

東京国立博物館で開催されている「大神社展」に行って来ました。

Photo

思った以上の大勢の拝観者に驚きです。石神神社の秘宝 「七支刀」や春日大社の「春日神鹿御正体」など見所満載でした。

展示は、
1.古神宝
2.祀りのはじまり
3.神社の風景
4.祭のにぎわい
5.伝説の名品
6.神々の姿
に分かれて展示がなされています。
熱田神宮、春日大社、厳島神社、熊野速玉神社など多くの神社からの出品があり、なかなかのものです。最初の装束の美しさも見どころの一つかもしれません。
01 02 3

バラの季節

咲き始めました。

P1010647
羽衣の特大カップです。
P1010649
P1010669
ロンサールも少しずつ
P1010663
P1010666
P1010667
玄関側では、カーポート側を思い切って伐採した「アイスバーグ」ですが、玄関入り口付近は綺麗に咲いてくれました。
P1010671
P1010670
「アンジェラ」は今からです。
P1010672

2013年5月10日 (金)

送別会

大変お世話になったS先輩がこの4月に退職したので、本日は「日本橋 鮨 伊平」にて送別会を開催しました。10年超前に部下として仕えた4名と同じく以前上司・部下であったすーさんとが久しぶりに集いました。役員をされての退職ですが、還暦ということもあり、ゴルフウェアのXLサイズのベストを皆でプレゼントいたしました。

Img_1394
一番後輩のM瀬君の見立てですが、なかなか綺麗な「色合いの赤」で、Sさんも大喜びです。
昔話にも大いに花が咲き、6名でかなりの日本酒を飲んでしまいました。
次回は、S氏還暦ゴルフコンペを開催することを決定しお別れいたしました。

2013年5月 5日 (日)

青森旅行(5)十和田湖畔 

宿泊地より、1時間10分 雨と強風の十和田湖へ。これからの奥入瀬渓流歩きが心配です。

まずは、「乙女の像」へ。
P1010519
途中に見える弁天島が寒さを物語っています。
P1010521 「乙女の像」は、高村光太郎の作品です。乙女でない人(かみさん)と一緒にパチリ。とにかく、この時間帯が最悪の天候状況でした。雨ななんとか止みましたが、寒風は相変わらずです。この時期の青森を舐めてはいけませんね。
P1010541
さあ、寒いので「十和田神社」へと急ぎます。
P1010538
巨木の間に参道が続きます。
P1010536
暫くすると手水舎が見えてきます。
P1010522
そして、拝殿へ。ご祭神は、日本武尊です。神紋は「三つ巴」紋。
P1010526
本殿は、一間社流造。
P1010529
本殿右の熊野神社は、緑に囲まれ凛として雰囲気を漂わせていました。
P1010531
さあ、いよいよバスで奥入瀬渓流へ向かいます。捉えず「石ケ戸」という場所まで向かい、そこから十和田湖へ登っていきます。ほら、雨も上がって来ました。

青森旅行(6) 奥入瀬渓流

十和田湖畔 休屋よりバスにて、「石ケ戸」というところまで約40分。ここから散策をはじめました。十和田湖方面へ登りになります。「石ケ戸」には、休憩所があり車も駐められます。

P1010542
P1010544
まだ、雪も所々に残っており新緑とまでいきませんが、最初からその美しさに感動です。
P1010545
柔らかな流れの場所・急流となっている場所 それぞれに味わいがあります。
P1010552
P1010560
見どころには、名前がついていて、看板もあります。下の写真は「阿修羅の流れ」と命名されていました。
P1010556
滝も至るところに見えてきます。
下の写真は「雲井の滝」と「九段の滝」です。
P1010566_2
P1010581
とにかく、渓流の素晴らしさに、誰もが写真を思わず何枚も撮ってしまうことでしょう。
P1010579
途中、「雲井の流れ」から「雲井の滝」までバスで戻り、再び散策。トータル2時間半。よく歩きました。
P1010585
最後の見せ場「銚子大滝」を過ぎて、30分。十和田湖が見えてきます。
P1010592
すると、雨が再び・・・・。急げ!!

青森旅行(7) 十和田湖遊覧船 

奥入瀬散策を終え、まずは腹ごしらえ。きりたんぽ入の十和田そばで身体を温めました。

P1010593
子ノ口から遊覧船により、車を置いている「休屋」へ向かいます。
P1010594
といってもあいにくの天候。
P1010598
遊覧船の説明もありましたが、ちょっと子守唄代わりとなり睡眠!!
P1010605
貴重な休み時間の50分となりました。奥入瀬・十和田湖は是非また違う季節に来たいと思います。

青森旅行(8)十和田市官庁街

八戸へ戻る途中でこちらも桜で有名な十和田市の官庁街に寄りました。

P1010609
こちらの桜は満開です。
P1010611
軍馬を育てていた土地柄からか馬の像が・・・
P1010613
駒街道とも呼ばれ、日本の道100選にもなっているそうです。
P1010610
綺麗でした。

青森旅行(9) 蕪嶋神社

帰宅への新幹線駅は八戸。レンタカーの返却時間まで1時間程あったので、最後にウミネコで有名な「蕪嶋神社」へ行きました。海の側で寒さを心配しましたが、やはり太平洋側だけあってそれほど寒くありませんでした。

P1010617
それにしても、ウミネコの数の多さには、驚かされました。神社中に・・・。そして逃げもしない。
P1010622
狛犬の上にも・・・
P1010621
蕪嶋神社は、宗像三女神をお祀りしています。厳島神社を勧進したのがはじまりだというので納得。「かぶしまじんじゃ」と読むことから、最近では株の投資家に特に人気が高いパワースポットだそうです。神社の前の瓢箪をなでると株価が上がるご利益があるとのこと。また、境内で販売されている「かぶあがりひょうたん御守り」が大人気らしいです。買ってしまいました。
P1010626
神紋は、賽銭箱にある「三盛二重亀甲に剣花菱」でしょう。厳島神社と同じです。
提灯にある「対い鶴」は社紋と思われます。ウミネコのイメージでしょうね。
P1010634
本殿は、一間社流造です。写真を撮るにもウミネコが気になります。
P1010633
こちらも境内の柵ですが、ウミネコが見事に整列していました。恐れいりました。
これにて、青森旅行は終了です。かなり濃い旅行となりました。

2013年5月 4日 (土)

青森旅行(1) 金木

P1010378

4-5日と一泊で「青森」へ向かいました。東北新幹線<はやて>は、ブルーにピンクのラインで御洒落でした。
P1010382
「東京」からわずか3時間半、「新青森」に到着。やはり寒い。その上少し雨。まずは、駅レンタカーにてレンタカーを借りて、かみさんのお目当ての一つである金木町へ。青森から1時間程です。途中の山道では、ほとんど車が見当たりませんでした。「金木町」は津軽平野の北西部に位置し、そう太宰治の出身地であり、津軽三味線の発祥地です。(吉幾三もココらしい)
P1010388
津軽鉄道「金木駅」でちょうど<津軽21形>通称「走れメロス号」に遭遇。それも2台もです。
「金木駅」での単線待ち合わせでした。
P1010390
そして、「斜陽館」へ。太宰治(津島修司)の父;源右衛門が建てた入母屋造りの豪邸です。1階が19室、2階が8室あり、なんと宅地680坪。
P1010392
Madori1
太宰の原稿や写真、書籍、有名な「二重廻し」(コート)などの展示もされていました。
このあと、桜で有名な「芦野公園」に足を運びましたが、残念ながら、まだ一本も咲いていませんでした。
P1010401
Kanagi← 咲いていたら、こんな感じだそうです。
Sayuri↓「芦野公園」駅 吉永小百合のポスター
P1010403
昼食は、金木町の西のハズレ 「茶房 鄙屋」さんで 名物「金木産馬肉の激馬かなぎカレーうどん」と「馬まん」を頂きました。(まっぷるに出ていた)
さて、「金木町」を後にして、次の目的地「鬼神社」「岩木山神社」へ   続く

青森旅行(2)の1  鬼神社

次の目的地は、私のお目当て「鬼神社」「岩木山神社」です。

「鬼神社 きじんじゃ」は、一の鳥居の美しさ・俵型のしめ縄(東北地方特有)に憧れていました。↓これです。
P1010405
すらりと伸びた「柱」に足高な「台石」。見事な台輪鳥居でした。
P1010407
そして「俵型」しめ縄の施された両部鳥居。
参道は、まずは東へ向かいUターンをして西へ。岩木山を背にして本殿はあります。
神紋は珍しく「卍紋」です。
P1010411
ご祭神は、高照姫・伊弉那岐大神・大山祇神。
狛犬と別に「狛魚」が・・・・・ 何故でしょうか?
P1010415
拝殿には、刀や農具が飾られていました。
P1010419
本殿は、一間社流造です。
P1010422

青森旅行(2)の2  岩木山神社

陸奥国一宮にして国幣小社「岩木山神社」です。天気良ければ、参道の向こうに岩木山が見えるのですが。ご神体岩木山を背に神社は創建されています。

P1010426
美しい朱の両部鳥居をくぐり参道奥に、立派な楼門が見えてきます。
P1010429
P1010430
圧倒的な存在感。
手水舎は、中門の右脇に。長い柄杓が特徴。
P1010431
中門の美しさもひとしおです。
P1010432
扁額には「北門鎮護」の文字が・・・
P1010433
ご祭神は、顯國魂神 (大己貴命) 。
神紋は「野菊紋」なのですが、どこにも見当たりませんでした。なのでお守りをパチリ。
P10104451
本殿は、銅瓦葺附、正面千鳥破風及び軒唐破風付の三間社流造。全面黒漆塗りで、随所に金箔押しを施されており美しい!!庇柱には昇り龍降り龍があるのですが、見ることはできませんでした。
P1010437
本殿右横には、白雲神社。白雲大龍神をお祀りしている。
P1010441
こちらの「気」は・・・・すごい

青森旅行(3) 弘前桜まつり

今回の旅行のきっかけは「弘前城の桜を観に行きたい」でした。(2週間前ちょうど満開の予報だったので)残念ながら、5-7分咲きでしたが、美しい桜を満喫しました。

午後3時半頃に弘前到着。
P1010450
西のお堀側より弘前城へ。
P1010456
弘前城は、江戸時代の弘前藩津軽氏(元 大浦氏)4万7千石の居城です。
P1010464
P1010461
さすがに大勢の観光客で城内は溢れていました。
夕食は、美味しいお魚な十和田牛など目一杯食べましたが安い!!そして夜桜へ
P1010489

P1010490_2

P1010503
夜のほうが、人出が多いようです。
P1010501 P1010499
感動のお花見となりました。

青森旅行(4) 弘前のノスタルジー

弘前には、今も明治・大正に建てられた洋館が市内に点在し歩いて鑑賞することができます。レトロな雰囲気の弘前の街は、見所満載でした。

P1010471
まずは、追手門近くの「旧弘前市立図書館」です、グリーンの窓枠と八角形の双塔が美しさを際立たせていました。そのそばには、ミニチュアの建造物群も見れます。
P1010481    
そして、お隣には「旧東奥義塾外人教師館」こちらは、現在ティールームとなっています。
P1010483
そこから、歩いて2-3分の場所には、「青森銀行記念館」。ルネサンス風の建物は、シンメトリーが美しくとても銀行にはとても見えません。
P1010485    
さらに2分程で、「日本キリスト教団弘前教会」があります。右脇の桜は満開で、クリーム色の建物とマッチ。此方は、ゴシック風で素敵な外観でした。
P1010486
最後は、「カトリック弘前教会」です。こじんまりとしていますが、ロマネスク様式の建物とステンドグラスが美しい教会でした。   
そんなこんなで、第一日目の青森を十分満喫しました。
宿泊は、「大鰐温泉青森ロイヤルホテル」。かみさんによると、弘前から40分の山の上にゴルフ場と隣接であり、弘前方面の夜景が綺麗だっととのことですが、私は、夕食時のビール&焼酎ですっかり寝てしまい、全くわかりませんでした。
HPによると、↓ こんな感じです。部屋は洋室ですが、もちろん温泉もあります。
Photo朝に入った露天風呂は、外の寒さがハンパでなく、身体は余計に芯まで温まり最高でした。

2013年5月 3日 (金)

富士OGM出島コース

Dejima11

本日は、晴天なり。久しぶりに水戸時代の同僚と、霞ヶ浦のそば「富士OGM出島コース」にてゴルフを楽しみました。ブルーティー 6498ヤードはやはり厳しいものがありました。47:49=96と全く振るわず。シーズン・インしているのに、このスコアでは・・・。
チップインダイヤモンドがあったのでまあ良しとしましょう。
こちらのコースは、平坦でフェアウェーも広く、グリーンも速い。コース自体も美しく、かなりオススメです。GWということもあり昼食付きで14900円とコストパフォーマンスも高かったです。本日のパトーナーはお馴染みのIズミンさん。またまたドライバーの、飛距離が落ちておりました。ナイスショットが160ヤードくらいで、本日も「失速の貴公子」ぶりを発揮です。そもそもドライバーは10年前にセッティングしてもらった「G5のドブンダ」。既に筋力も衰えているのだから、合っていないのです。新しいのを買った方が良い気がしました。次回は7月です。ニュードライバーでお逢いしましょう!!
さて、せっかく茨城へ足を運んだので、ゴルフ場へ向かう途中で「牛久大仏」を拝んで参りました。
Photo
やはりデカイです。ブロンズ立像では世界一だそうで、あの自由の女神よりも大きいらしいです。さわ、明日は「弘前城」へ桜を見に出かけます!!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »