フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 信州旅行 1日目 (1) | トップページ | 信州旅行 1日目 (3) »

2013年8月15日 (木)

信州旅行 1日目 (2)

住吉神社(安曇野)
P1020143
諏訪を後にして、長野道を北上。「安曇野」に到着。古代にこの地に移住してきた海人族安曇氏に由来するというこの町は、西にある北アルプスに抱かれた美しい町です。
そして、当然のごとく<海の神>である住吉神社が存在する。
P1020144
大きな両部鳥居をくぐると、北へ向けて杉木立の参道続きます。
P1020151
ご祭神は、勿論 「表筒男命・中筒男命・底筒男命」そして「建御名方命・神功皇后」。
P1020155
本殿は、3間×2間の流造。もともとは柿葺だったところに銅板が葺かれている。向拝と母屋の組物を舟肘木としており、頭貫の上には菊の彫刻。千木と鰹木を3本乗せている点は、大阪の住吉大社と同じ屋根飾りとなっている。この地を治めていた八面大王を倒し、悪政から救ったとされる伝説が有名な坂上田村麻呂の銅像もありました。
P1020149
穂高神社
P1020164
式内社名神大社にして旧国幣小社「穂高神社」参拝です。穂高駅のすぐそばにあります。こちらが里宮で、上高地に奥宮、奥穂高岳山頂に嶺宮があるそうです。
P1020173
拝殿はかなり新しいもののようです。ご祭神は、本宮中殿に穂高見神(ほたかみのかみ)別名「宇都志日金析命(うつしひかなさくのみこと)」、左殿に綿津見神(わたつみのかみ)、右殿に瓊瓊杵神(ににぎのかみ)、別宮に天照大御神(あまてらすおおみかみ)、若宮に安曇連比羅夫命(あづみのむらじひらふのみこと)、相殿に信濃中将(御伽草子のものぐさ太郎のモデルとされる)を祀っています。
P1020176
神紋は少し変わっています。「十四弁葉菊花」です。
P1020174
本殿は、三棟。補高造りの鰹木は見えませんでした。残念。
P1020171
ご神木は見事な孝養杉です。

毎年9月26日・27日に行われる例大祭の御船神事(お船祭り)は高さ6m長さ12mにもなる大きな船形の山車(だし)「御船(おふね)」をぶつけ合う勇壮な祭りだそうです。こんな山里なのに面白いですね。

P1020162

P1020167_2
神社入口近くには、安曇連比羅夫命(あづみのむらじひらふのみこと)の銅像もありました。

« 信州旅行 1日目 (1) | トップページ | 信州旅行 1日目 (3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/53006962

この記事へのトラックバック一覧です: 信州旅行 1日目 (2):

« 信州旅行 1日目 (1) | トップページ | 信州旅行 1日目 (3) »