フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 湖底の城1.2 | トップページ | キャディーバッグ »

2013年8月31日 (土)

史記 武帝紀三

3_2

北方謙三著「史記 武帝紀三」完読。

book

武帝・劉徹の下、奴僕同然の身から大将軍へと昇りつめた衛青の活躍により、漢軍は河南の地に跋扈する匈奴を放逐する。さらに、その甥にあたる若き霍去病の猛攻で、匈奴に壊滅的な打を与えるのだった。一方、虎視眈々と反攻の期を待つ、匈奴の武将・頭屠。漢飛将軍と称えられながら、悲運に抗いきれぬ李広。英傑去りしとき、新たなる武才の輝きが増す―――。北方版『史記』、風雲の第三巻。

やっと李陵が登場しました。後半の主人公であるのは間違いない。これからが楽しみです。

« 湖底の城1.2 | トップページ | キャディーバッグ »

北方謙三」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/53091543

この記事へのトラックバック一覧です: 史記 武帝紀三:

« 湖底の城1.2 | トップページ | キャディーバッグ »