フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 今年も水戸会(その3) | トップページ | 数学的にありえない 上・下 »

2013年10月19日 (土)

美貌の女帝

Photo

永井路子著「美貌の女帝」を読む。

book壬申の乱を経て、藤原京、平城京へと目まぐるしく都が遷る激動の時代。その裏では、皇位をめぐり歴史の節目となる大変革が進行していた。繰り返される裏切り、陰湿なる策略…その矢面に立たされた氷高皇女=元正女帝が自身のすべてを政治に捧げ、守り抜こうとしたものとは。悲劇の女帝を描く長編歴史小説。
持統・元明・元正という蘇我氏の血を引く女帝と藤原氏の覇権を賭けての長い闘いを描いていますが、長屋王の変に至る藤原氏の術策など興味深く読みました。また、聖武天皇の描き方が実に面白かった。教科書的な人物でなく、たぶんこのような・・ではないだろうか。おすすめの一冊です。

« 今年も水戸会(その3) | トップページ | 数学的にありえない 上・下 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/53651909

この記事へのトラックバック一覧です: 美貌の女帝:

« 今年も水戸会(その3) | トップページ | 数学的にありえない 上・下 »