フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 横須賀 軍艦三笠 | トップページ | ホウライカントリー倶楽部 »

2013年11月 7日 (木)

史記 武帝紀4

4_2

北方健三著「史記 武帝紀4」読み終えました。

book

前漢の中国。匈奴より河南を奪還し、さらに西域へ勢力を伸ばそうと目論む武帝・劉徹は、その矢先に雀去病を突然の病で失う。喪失感から、心に闇を抱える劉徹。一方、そんな天子の下、若き才が芽吹く。泰山封禅に参列できず憤死した父の遺志を継ぐ司馬遷。名将・李広の孫にして、大将軍の衛青がその才を認めるほどの逞しい成長を見せる李陵。そして、李陵の友・蘇武は文官となり、劉徹より賜りし短剣を胸に匈奴へ向かう―。北方版『史記』、激動の第四巻。

« 横須賀 軍艦三笠 | トップページ | ホウライカントリー倶楽部 »

北方謙三」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/53889004

この記事へのトラックバック一覧です: 史記 武帝紀4:

« 横須賀 軍艦三笠 | トップページ | ホウライカントリー倶楽部 »