フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月24日 (日)

53歳

本日、53歳を迎えました。やはり。1年は早いものです。かみさんからは、セーターを、なっちゃんからは、マフラーを戴きました。そして、自分へのプレゼントは、アイリスオーヤマの「スチームクリーナー」」↓

Photo
さほど期待してませんでしたが、思っていたよりも油汚れなど、綺麗に落ちます。毎週の掃除に、これは便利です。

2013年11月23日 (土)

この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡

Photo

「この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡」門田隆将著を読む。 book第19回山本七平賞受賞作、待望の文庫化! 「台湾」と「台湾海峡」は誰によって守られ、なぜ今も存在しているのか。本書は、その謎に挑み、「義」のために生きた一人の日本人と、国境を越えてそれを支えた人たちの姿を「現代」に蘇らせたスクープ歴史ノンフィクション。

1949(昭和24)年6月、九州・延岡の海岸から小さな漁船が夜陰にまぎれて静かに離れていった。船が目指すのは、真っ黒な海原のはるか彼方にある台湾。その船には、日本陸軍の元・北支那方面軍司令官、根本博中将が乗っていた。 傍らには、「俺の骨を拾え」と言われて随行を命じられた通訳が一人。この時、蒋介石率いる中国国民党と毛沢東率いる中国共産党との「国共内戦」が、まさに決着を迎えようとしていた。共産軍の攻勢によって、大陸から撤退し、いよいよ金門島まで追い込まれた蒋介石。根本は蒋介石を助けるために「密航」を敢行したのである。 「義には義をもって返す」。根本には、終戦時、蒋介石に言葉では表せぬほどの恩義があった。その恩義とは一体、何だったのか。 密航の途中、座礁や船の故障で、九死に一生を得ながら、根本は台湾に辿り着く。感激した蒋介石から根本は「林保源」という中国名を与えられ、金門島に赴く。そして、次々に作戦を立案し、押し寄せる共産軍に立ち向かった――。 解説は、歴史研究家の秦郁彦氏。知られざる現代史の真実が今、紐解かれる。
Photo_2

2013年11月16日 (土)

宮城谷三国志 9巻

9

またまた、一年ぶりに発刊されました宮城谷昌光著「三国志 9巻」読破。どうらや10巻で終わりそうです。

book後世に名高い「出師の表」を書き、孔明は魏を征伐すべく軍を発する。しかし先鋒を任せた馬謖は兵法には精通しているが実戦経験に乏しく、惨敗を喫す。未だ成熟をみない国の法を重んじ、涙を流しながら馬謖を誅す孔明。一方、尊号を王から皇帝に改めた孫権は、早期の天下平定を目指し遼東の公孫淵と手を結ぼうと使者を送るが…。
この巻は特に「三国志演義」好き。孔明大好きという方は読まない方がいいかもしれません。孔明の軍師としての資質にかなり懐疑的であり、辛辣な言葉で孔明の戦略を表現しています。(注意)
曹操・劉備に比べ群を抜いて若かった孫権の焦りや年老いての傲慢が描かれていて、さすが宮城谷氏という視点です。また1年後に・・・・
最近、「湖底の城」といい「草原の風」といい途中までの発刊が多い宮城谷物には困ったものです。忘れてしまわないうちに出してもらいたいですね。

2013年11月10日 (日)

映画「清須会議」

Photo

三谷作品 映画「清須会議」かみさんと観てきました。面白かったです。各キャラクターのユニークさを俳優陣が見事に演じてます。光秀は少し年寄過ぎましたが。大泉洋はいい役者ですね。中谷美紀も、いつもの暗い感じの役じゃなくて良かったです。お市の方は、壇蜜で見てみたかっです。

2013年11月 9日 (土)

ホウライカントリー倶楽部

P1020952

那須塩原にある人気の「ホウライカントリー倶楽部」でお客様と一緒にプレーしてきました。
やはり、ここはグリーンが異常に難しいです。また、仕掛けられた罠に悉くはまりました。6つもパーをとりましたが、同じくトリも6つ。やっちゃいました。50:50=100です。
11_2
名物浮島グリーンの11番でパーがとれたのだけが救いです。難しいですが各ホール特徴があり、攻略しがいのあるコースです。またプライベートで再度挑戦したいですね。

2013年11月 7日 (木)

史記 武帝紀4

4_2

北方健三著「史記 武帝紀4」読み終えました。

book

前漢の中国。匈奴より河南を奪還し、さらに西域へ勢力を伸ばそうと目論む武帝・劉徹は、その矢先に雀去病を突然の病で失う。喪失感から、心に闇を抱える劉徹。一方、そんな天子の下、若き才が芽吹く。泰山封禅に参列できず憤死した父の遺志を継ぐ司馬遷。名将・李広の孫にして、大将軍の衛青がその才を認めるほどの逞しい成長を見せる李陵。そして、李陵の友・蘇武は文官となり、劉徹より賜りし短剣を胸に匈奴へ向かう―。北方版『史記』、激動の第四巻。

2013年11月 3日 (日)

横須賀 軍艦三笠

今日は一人で横須賀にドライブでした。

P1020866
まずは、三笠公園にまっしぐら。軍艦三笠の記念館を見学です。
P1020867
思っていたよりも大きい。中もかなり広いです。
P1020879
操舵室も見学できます。
P1020890
船室後方には、明治天皇のお写真も飾ってありました。
P1020888
船室は、洋風です。イギリス ビッカース製ですからね。1899年(明治32年)1月24日バロー・イン・ファーネス造船所で起工。1900年(明治33年)11月8日進水。1902年(明治35年)1月15日から20日まで公試が行われ、3月1日サウサンプトンで日本海軍への引渡し式が行われました。建造費用は船体が88万ポンド、兵器が32万ポンドです。
P1020891

走水神社

P1020894

走水神社は、景行天皇40年(110年)、日本武尊が東征の途上、当地から浦賀水道を渡る際、自分の冠を村人に与え、村人がこの冠を石櫃へ納め土中に埋めて社を建てたのが始まりと伝えられます。上総国へ船出した日本武尊は、海上で暴風雨に遭い、弟橘媛が海へ身を投じて暴風雨を鎮めました。数日後、海岸に弟橘媛の櫛が流れつき、村人は旗山崎(御所ヶ崎)に社を建てて櫛を納めた。この社が弟橘媛を祀る橘神社であったが、明治18年(1885年)に旗山崎が軍用地になり走水神社境内へ移され、明治42年(1909年)に合祀されました。 P1020897

弟橘媛が荒海を鎮めた故事に因み、航海の安全を祈念して建立された「舵の碑」が境内にありました。

P1020899
神紋は「十六八重菊」と「変わり向こう橘」です。
P1020895
屋根に小さく見えるのが「変わり向こう橘」紋でしょう。
P1020911
境内の左手奥に道が連なり、さらに上に「神明社」がありました。
P1020907 その途中に、弟橘媛命の歌碑が、東郷平八郎、乃木希典など七名士により建てられています。 P1020905 「さねさしさがむのをぬにもゆるひの ほなかにたちてとひしきみはも 」弟橘媛命、入水直前の歌です。

東叶神社・叶神社・西叶神社

P1020914

横須賀には、八幡大神をお祀りする「叶神社」という縁起の良い名前の神社があります。浦賀港を挟んで、東に「東叶神社」と「叶神社本社」西に「西叶神社」です。
まずは、東より。
P1020917 養和元年(1181)神護寺文覚上人が京都、石清水八幡宮より勧請し創建されました。 その由縁は、文覚上人が源頼朝の為に源氏再興を発願し、治承年間(1177〜1180)上総国(千葉)鹿野山に参篭しました。源氏氏神と称え奉る石清水八幡の神に祈念をし、源氏再興の本願が叶えられれば勝地を探し求め八幡の一社を建立、末永く祭祀をせんと誓いをたてました。  ~ 御由緒より 東叶神社の左手を進んで、かなりの階段を上っていくと「本社」があります。これは疲れました。 P1020921
P1020922
その左手に勝海舟が咸臨丸出航前に、当地で断食修行をしたと伝えられる記念碑がありました。
P1020923
浦賀港の向こうが西叶神社です。少し大回りしなくてはいけません。
P1020915
「西叶神社」です。
P1020931
ご神紋は「双葉菊花」紋と思われます。
P1020934
こちらの額には「叶大明神」と書かれていました。 

東京湾フェリー

折角なので帰りは、久里浜と金谷を結ぶ「東京湾フェリー」に乗りました。車と1人乗客で3,800円也。
P1020941
約40分の運行です。乗船前に、名物「横須賀海軍カレー」を待合室で食べましたが、「うーん まさにレトルト!!」でしたね。
P1020942
P1020946
残念ながら天気は悪く海上は靄っており視界不良でした。
P1020950
しょうがないのでカモメとトンビを写しておきました。
P1020948
ほっこりした1日でした。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »