フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 大相撲観戦 | トップページ | 北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録 »

2014年1月25日 (土)

家康死す 上・下

1

2

宮本昌孝著「家康死す 上・下」を読む。 book独力で三河一国を平定した家康が凶弾に倒れた。時に26歳。その死が伝われば、桶狭間で勝った織田信長、甲斐の武田信玄、衰えたとはいえ今川氏真らに挟まれた脆い均衡が揺らぎ三河存亡の危機を招く。家康の第一の側近、世良田次郎三郎は、広忠寺の住職に収まっていた家康の異母弟・恵最を急遽身代わりとして擁立した。 家康 影武者物はいくつかあります。ほぼ関が原や大坂の陣で身代わりが登場するのだが、本書はもっと若く、やっと人質から解放され、三河をなんとか平定した若き頃に遡り、影武者を立てたとことに惹かれ読み始めました。ネタばれになるので中身は書けませんが、作者の大胆な推理をもとに構築された世界にあっという間に引き込まれます。是非ご一読を!!

« 大相撲観戦 | トップページ | 北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/54742208

この記事へのトラックバック一覧です: 家康死す 上・下:

« 大相撲観戦 | トップページ | 北天蒼星 上杉三郎景虎血戦録 »