フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 邪馬台 | トップページ | 1か月ぶりのゴルフ »

2014年2月23日 (日)

史記 武帝紀6

6

北方謙三著「史記 武帝紀6」を読む。

book
前漢の中国。武帝・劉徹の下、匈奴との激しい戦いが繰り返され、無謀とも思える戦の末に力尽き降伏した李陵は、軍人として匈奴で生きることを誓う。一方、匈奴で囚われの身となり北の地に流された蘇武は、狼とともに極寒を生き抜き、自らの生きる理由を問うのだった。彼らの故国では、忍び寄る老いへの不安を募らせる劉徹の姿を、司馬遷が冷徹に記す。そして、匈奴の最精鋭兵を指揮する頭屠が漢軍を追い込むなか、李陵と蘇武は、宿星が導きし再会を果たす。北方版『史記』、佳境の第六巻。
いよいよラスト7巻を残すのみとなりました。6巻は、各人の生き方に対する違いを通して北方の人生観・人間観が描かれていて面白かった。

« 邪馬台 | トップページ | 1か月ぶりのゴルフ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/55101364

この記事へのトラックバック一覧です: 史記 武帝紀6:

« 邪馬台 | トップページ | 1か月ぶりのゴルフ »