フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ガウディの鍵 | トップページ | 史記 武帝紀6 »

2014年2月23日 (日)

邪馬台

Photo

北森鴻「邪馬台」を読む。

book

明治時代に忽然と消失した村が残した奇妙な文書は、邪馬台国の真相へと至る秘録だった!異端の民俗学者・蓮丈那智の手に渡った「阿久仁村遺聞」。仲間たちとそこに隠された深い謎を追ってゆくうちに、数々のキーワードが浮かんできた。銅鏡、鬼、殺戮、たたら製鉄、出雲大社…。ミステリがすべて解かれたとき、現代まで秘められていた真の日本史が、あなたの眼前に現れる。

いわゆるミステリーですが、題に惹かれて思わず購入。しかし、古代史、古事記などの知識がある程度無いと読んでいてもさっぱり分からないと思いますので、そのあたりが詳しくない人は読まないほうがいいです。著者の急逝によって本当に目指した結末は永遠に失われてしまったので、なんともいえませんが・・・・。位置の比定に拘らず、あくまで民俗学的にアプローチを行うのは面白かった。

« ガウディの鍵 | トップページ | 史記 武帝紀6 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/55101326

この記事へのトラックバック一覧です: 邪馬台:

« ガウディの鍵 | トップページ | 史記 武帝紀6 »