フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 出羽三山神社(1) | トップページ | 大事なおしらせ »

2014年5月 4日 (日)

鶴岡市街

3日目。まず鶴岡市街にある洋館を訪ねました。昨年の弘前同様に、鶴岡には、明治大正時代の洋館がたくさん残っているそうです。時間の関係もあり、その中から3か所訪ねました。

まずは、「到道博物館」。元々は庄内藩主酒井氏の御用屋敷だったものを博物館としたとのこと。
P1030934
2か所目は、「大寶館」。大正天皇の即位を記念して建てられた、オランダバロック風の窓とルネッサンス風のドームをあわせ持つ、完成度の高い擬洋風建築でした。 P1030935
3つ目は「鶴岡カトリック教会」。赤い塔屋がひときわ目を引く白亜の殿堂で、明治36年に建てられたものでロマネスク様式教会建築の傑作として国の重要文化財に指定されています。
P1030938
この日の青空の綺麗さに実は一番びっくり。

« 出羽三山神社(1) | トップページ | 大事なおしらせ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149080/56076909

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡市街:

« 出羽三山神社(1) | トップページ | 大事なおしらせ »