フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

映画・テレビ

2014年4月29日 (火)

映画「テルマエ・ロマエⅡ」

Photo

映画「テルマエ・ロマエⅡ」観てきました。当然ながら 程の新鮮さはないものの、大いに笑わせていただきました。映画はこれでいいんだと思います。しかし、さすがGWです。今日は、かみさんが午前は理容院にいってたので14時半の回へ。いつも午前中に行っていたからかもしれませんが、幕張シネプレックス、過去最高の混雑ぶりでした。ネットで席予約しておいて正解でした。

2013年11月10日 (日)

映画「清須会議」

Photo

三谷作品 映画「清須会議」かみさんと観てきました。面白かったです。各キャラクターのユニークさを俳優陣が見事に演じてます。光秀は少し年寄過ぎましたが。大泉洋はいい役者ですね。中谷美紀も、いつもの暗い感じの役じゃなくて良かったです。お市の方は、壇蜜で見てみたかっです。

2013年4月28日 (日)

映画「リンカーン」

Photo

映画「リンカーン」 シニア50で夫婦で2000円 観て来ました。2時間40分の長編ですが、意外とあっというまでした。かみさんは結構寝てました。

巨匠スティーヴン・スピルバーグによる、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの伝記ドラマです。奴隷制の廃止と禁止を強固なものにし、泥沼化した南北戦争を終結させるため、憲法の修正に挑むリンカーンの戦いを重厚なタッチで映し出していきます。

冒頭にスピルバーグが「ハロー、ジャパン」と時代背景を説明をします。アメリカ人でないとわかりにくいとの判断でしょうか。
リンカーンは南北戦争中に「奴隷解放宣言」を出しますが、これだけでは、内戦終了後に奴隷制復活の可能性が残されます。そこで彼は、南北戦争の収束がみえてきたのを受けて、「合衆国憲法修正第13条」の下院での可決をめざすのです。(憲法を改正してしまえば、よほどのことがないかぎり、奴隷制度を元に戻すことはできなくなる)ところが、共和党だけの議席では、憲法改正のためには、20票足りない。・・・

2013年2月10日 (日)

映画「レ・ミゼラブル」

Photo

次男坊「弘季」に観ておいでと言われ、映画「レ・ミゼラブル」遅ればせながら、かみさん(この人は2回目)と観て来ました。<家族の中で、私だけまだ観てなかったので>

Photo_2

子役のニ人がとても可愛らしかったですね。

どれほどめまぐるしい時代の変遷の中にあっても変わらぬものがある。それは人間の良心であり、「愛」の力である。これが、この物語のテーマです。

そしてそれは、登場する人々の赦しによって体現され、物語が進んでゆくのです。
本作品は、歌によって物語を紡いでいくのですが、それを見事に表現できていたのではないでしょうか。

スーザン・ボイルでゆうめいになった曲「I Dreamed a Dream」。アン・ハサウェイの歌もすばらしかったです。

やあ、次男坊に言われて、観ておいて正解でした。満足、満足。
I_dreamed_a_dream_2

2012年11月18日 (日)

映画 のぼうの城

1

映画「のぼうの城」観てきました。2010年に和田竜原作を読んで2年、震災などの影響で封切りが遅れたので楽しみにしてました。

舞台は武蔵国忍城(埼玉県行田市)。“のぼう様(でくのぼうの意)”と領民から慕われる城代・成田長親<野村萬斎>は、天下統一を目指す豊臣秀吉方2万人の大軍を指揮した石田三成の水攻めに、わずか500人の兵で対抗するというもの。

能楽師 萬斎ならでは田楽踊りが見ものです。

戦闘シーンはもう一つ。小説の方が遥かに良かった気がします。CGも・・・・。でもこのような小説は活劇で見たかった。十分楽しめました。

3

2012年7月15日 (日)

テルマエ・ロマエ

Photo
封切りからかなり立ちましたが映画「テルマエロマエ」を観てきました。しかし連休でもあり満席でした。さすが50億突破作品。キャスティングの妙とはこの作品のことですね。濃い顔見事に集めてます。素直に笑い、楽しめました。
時代背景は、受験の世界史と、塩野七生の「ローマ人の物語」を思い出しました。
ローマ皇帝ハドリヤヌス(市村正規)。五賢帝時代の3人目の皇帝。ローマ皇帝で、初めてヒゲを生やした人間でもあります。市村さんさすがの存在感でした。

2012年3月17日 (土)

映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

Photo_2
今日は、ゴルフの予定でしたが、あいにくの雨にて昨日早々に中止を決定。二週続けての映画鑑賞となりました。「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」かみさんと観てきました。シネプレックス幕張では<夫婦50割引>があるので、二人で2000円。なんと1600円もオトクなのです。

イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生をメリル・ストリープ主演で描いたドラマ。父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは1975年、50歳で保守党党首に選出され、79年にはイギリス初の女性首相となった。国を変えるため男社内の中で奮闘するマーガレットは「鉄の女」と呼ばれるようになるが、そんな彼女にも妻や母としての顔があり、知られざる孤独と苦悩があった。マーガレットを支えた夫デニス役にジム・ブロードベント。監督は「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド。第84回アカデミー賞ではストリープが主演女優賞を受賞。ストリープは史上最多17回目のノミネートにして、「クレイマー、クレイマー」(79)、「ソフィーの選択」(82)に続く3つ目のオスカー像を手にした。

もう少し、政治家になって首相になるまでを描いてい欲しかったし、母と妻の苦悩を描くといいながら、子供との関係が今ひとつよくわからなかった点があったのは残念。しかしメリル・ストリープさすがです。名演技には関心。それとメイク。首までの見事な皺。おみそれしました。

2012年3月10日 (土)

シャーロック・ホームズ2 / ゲーム・オブ・シャドーズ

Holmes2
映画「シャーロック・ホームズ2 / ゲーム・オブ・シャドーズ」を鑑賞しました。今作は、もう一人の天才、原作ファンには 馴染み深いモリアーティ教授が登場。彼は表向きは大学に奉職する高名な天才的数学教授だが、実は“犯罪界の ナポレオン”と呼ばれる大犯罪者だ。 名探偵と互角の頭脳を持ちながら、悪意に満ちたモリアーティ教授の壮大な企み知ったホームズは、最強の相棒であるワトソン医師を巻き込み、事件を追っていく。
前作も出演のレイチェル・マクアダムスは今回ちょっとだけ。残念。娯楽映画として十分おもしろかった。


2011年11月 5日 (土)

映画 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

1
久しぶりに映画を観てきました。一人で。子供の頃から好きな「三銃士」は見逃せません。3Dもありましたが通常上映にて鑑賞です。
movie。パリにやってきた気が強く無鉄砲な青年ダルタニアンは成り行きで三銃士の仲間となり、国王の側近の裏切りによって狙われた王妃の首飾りを取り戻すためイギリスへ。しかし、そんな彼らの前に事件のカギを握るバッキンガム公爵と正体不明のナゾの美女ミレディが立ちはだかる。主人公ダルタニアン役に「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」のローガン・ラーマン。バッキンガム公爵を演じるオーランド・ブルームが自身初の悪役に挑む。
2
超娯楽大作でした。侍女コンスタンス役の子が可愛かったです。
3


2011年5月28日 (土)

パイレーツ・オブ・カリビア 生命の泉

4
「パイレーツ・オブ・カリビア」観てきました。3Dでなく普通で。4年ぶりにジャック・スパロウが帰ってきました。
伝説の「生命(いのち)の泉」。その場所を記した地図を持つジャックは、かつて恋仲だった女海賊アンジェリカと再会する。彼女もまた、父親であり黒魔術を操る史上最恐の海賊"黒ひげ"とともに生命の泉を目指していた。
 一方、黒ひげに復讐心を抱く元海賊のバルボッサは、英国王に取り入り今では海軍将校。バルボッサ率いる英国海軍の船と、英国王が対抗心を燃やすスペイン海軍もそれぞれ、生命の泉へとかじを切る。泉の魔力を得るために必要とされる聖杯と「人魚の涙」を手に入れ、伝説の泉にたどり着くのは果たして誰か。ジャックとアンジェリカは、波乱に満ちた冒険の旅を共にする中で再び恋に落ちるのか?